ブログ

2020春の新茶入荷!

お待たせいたしました!2020年春摘み新茶のご用意ができました!!

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、新茶の買い付けに行くことが出来ず、在庫欠品で皆様には大変ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。本日、新茶が届き在庫補充を終えましたので、皆様のご注文をお待ちしております。

現時点ではコロナウイルス感染拡大の影響で渡航できない状況にあり、予約したチケットはことごとくキャンセルとなってしまい、途方に暮れておりましたが、今回は最後の手段として、ともに中国茶を学んでいた中国の友人に現地での茶葉買付を依頼することにしました。WeChat(ウィーチャット:日本のLINE)を駆使して、音声、画像で一つ一つ確認しながら値段を交渉し、都合5か所のお店で買付。残念ながら味と香りは自分自身では確認できませんでしたが、嘗てともにお茶を学んだ老朋友(ラオポンヨウ:親友)に確認してもらいましたので安心です。唯一心配なことは、数十キロの茶葉と茶具を航空便で送ってもらったので、運賃の請求が幾らになるのやら・・・。
中国の海関(ハイグァン:税関)でもコロナの影響で通常より時間が掛かったようで、特に茶葉は食品の部類になりますので余計に時間がかかりました。ともあれ、本日無事到着しましたので良かったです。

新型コロナウイルスの影響でテレワークが拡大しているようです。ストレスも溜まってしまいますので、ここは新茶でゆったり、まったりしてリフレッシュしましょう。血行が良くなれば抵抗力もアップしますよ。好香!好喝!

茶葉買付予定(状況)のご案内

おいしい中国茶の旺徳福オンラインショップをご愛顧を賜りましてありがとうございます。
一部欠品しております茶葉の買付状況につきまして、ご案内とお詫びを申し上げます。

現在世界中を混乱させております新型コロナウイルスの影響により、
欠品しております茶葉の買付に行くことが出来ない状況にあります。
また、中国大陸の春茶の買付につきましても、現時点では渡航時期が未定となっております。
※3月3日からの予約便はキャンセルとなりました。
台湾茶につきましてもすでに5月に買付に行く航空便の予約をしておりますが、
日本国内の状況次第で渡航への影響がでる可能性もございます。
皆様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスの猛威が早期に収束することを願うとともに、
罹患されました皆様のご快復を心よりお祈り申し上げます。

オンラインショップメンテナンスのご案内

おいしい中国茶の旺徳福オンラインショップをご愛顧を賜りありがとうございます。
ただいまカード決済システムの更新のためメンテナンスを行っております。
お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

なお、決済事業者の年末年始休業のため、新年1月7日から新たなシステムにて営業いたします。
皆様にはこれまで以上により快適でより安心してお買い物をしていただけるようになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

キャッシュレス・消費者還元事業対象となっております。

消費税率引上げにともなう【キャッシュレス・消費者還元事業】への対応についてのご案内

おいしい中国茶の旺徳福ならびに旺徳福オンラインショップは5%還元の対象店舗になっております。
対応しております決済方法につきましては下記の通りですのでご注意ください。

・クレジットカード
JCB」、「AMERICAN EXPRESS」,「 Diners Club
Mastercard」, 「VISA

なお、当店での価格表示はすべて内税となっております。
10月1日以降もすべて価格据え置きでご対応させていただきます。

消費者様向けリーフレット(PDF)
https://cashless.go.jp/assets/doc/consumer_leaf_introduction.pdf
経済産業省のキャッシュレス・消費者還元サイト
https://cashless.go.jp/

Clubism ONLINEにて旺徳福を情報発信していただいています!

北陸№1のエンタテイメントマガジンとして金沢倶楽部さんが発刊する月刊誌「Clubism」が
Clubism ONLINE」(クラビズムオンライン)としてWEB上でおすすめ情報の発信を始めました。

特集まとめ「金沢のお茶カフェ」にて、おいしい中国茶の旺徳福が紹介されています。
もちろんグルメのコーナーでもご紹介いただいています。

イベント、暮らし、ショッピング、ビューティーなど様々なジャンルの情報がギッシリ!
地元の人だけでなく、これから金沢へ旅をする人のバイブルですね。

”Clubism ONLINE”は金沢倶楽部が運営する情報サイト。
金沢倶楽部では、月刊Clubism、月刊金澤などの出版の他、金沢の観光サイト「金沢日和」を運営しています。